fc2ブログ

ホーム > 難波希美子と能勢ルネッサンス

2022.02.01 Tue たとえ世界が明日滅びるとしても、私は今日、リンゴの木を植える。



 1月22日、難波希美子さんの呼びかけで、「タネを考えよう」の集まりを能勢町淨瑠璃シアター研修室で開催しました。
コロナ感染症オミクロン株が広がる中、開催をどうしようかと思い悩みましたが、わたしたちなりに感染対策を万全にしながらの集まりでした。

たとえ世界が明日滅びるとしても、私は今日、リンゴの木を植える。

 この有名なマルチン・ルターの名言は、「世界がどんなに絶望の淵にあっても、かならずやってくる未来の世代に希望を託し、あきらめないで今日できることをしよう」という意味と思ってきました。そこには、人の世はよくも悪くも変わっていくけれど、森や山や川や海がいつまでも変わらずわたしたちを見守ってくれているという思いが込められています。
 しかしながら、利益を増やし成長するために倒れるまで走り続けなければならない人の世の資本主義の宿命は、わたしたちを見守ってくれていたものまで商品に変えてしまいました。水や空気までもが商品になり、地球そのものから宇宙までも私有化の終着駅へと驀進する今、人間が途方もない時を地球と共に耕し、分け与えられてきた恵みとしての種や苗もまた、長い歴史の末に「誰のものでもなくみんなのもの」から「特定の誰か」のものになってしまおうとしています。

 2018年、主要農作物種子法が廃止されました。種子法とは1952年、戦後の食糧難の折、コメや大豆、麦などの普及を促進するため、命の要である主要食料のその源である種は民間に任せるのでなく国が責任を持ち、国がお金を出して都道府県がいい種を開発し農家に安く提供する法律でした。
 種子法廃止により種子を公的に守る政策が放棄されたことにより、一部企業による種子開発や品種の独占など、多国籍企業に日本の食料を支配されることにつながります。
 そこで農業が主要産業である地方自治体では、種子法が廃止された後も独自のシステムで原種の保管などこれまでの取り組みを継続するために、種子法と同様の趣旨の内容を盛り込んだ種子条例を制定しており、2021年4月現在、北海道と27県に達しています。
 さらに昨年の国会で種苗法の改定が決まりました。種苗法とは、野菜やくだもの、穀物、きのこや花などのすべての農作物の種や苗に関する法律で、新たに開発された品種を農水省に出願して、それが認められて「登録品種」となると、その独占的販売権が25年(樹木の場合は30年)認められます。これまでは農家は自分の作った作物から次の作付けのために自家採種してもよかったのですが、今回の改定で育成者に許諾を得なければ自家採種ができなくなります。
 主に日本の種を海外に取られないための改定とされていますが、種苗法で自家採種に制限をかけるだけでは海外流出の歯止めには不十分だと言われています。むしろ、「種は買う」ものとなって、日本の農家がグローバル種子企業に譲渡されたコメなどの種を買わざるを得ない状況になり、表面上の意図とは逆に日本の種を海外企業に取られ、支配されてしまいかねません。
 各地域の在来種は地域農家と地域全体にとって地域の食文化とも結びついた一種の共有資源であり、個々の所有権は馴染まないのではないかと思います。企業がそれを勝手に素材にして品種改良して商品化を進め、その種を買わなければ作物を作れないとすると、それでなくても高齢化と後継者不足に悩み、先行きに自立した経営が困難な小規模農業や家族農業に追い打ちをかけることになります。

 わたしは能勢町に移住して10年半になります。それまでは妻の母親と吹田市の緑地公園駅の近くに住んでいたのですが、都会暮らしより地元の米や野菜をふんだんに味わえるところで暮らしたいと妻が提案し、妻の母親と3人で能勢に移住してきました。
 当初は近所にある道の駅で買っていたのですが、その内に農家の人たちと知り合いになり、また若い頃に知り合った能勢農場や産直センターとの付き合いも再開し、地元の農家などから直接野菜を買うことも多くなりました。そして、農業の大変さ知り、消費者の目線だけで値段を気にしたり安全な農作物を買うことに疑問を持つようになりました。地元農家に分けてもらう野菜はほんとうに安くて新鮮で、年金生活のわたしたち夫婦にはとてもありがたいのですがその一方で、そのことが農家の生計が成り立たない厳しい現実とかなしく釣り合っていることを痛いほど感じます。
 地産地消という形で地域の間で生活経済が回っていくためにも、また食料自給率の極端の低さからみても、さらには里山に囲まれた小さな土地を有効に利用するためにも、わたしは土地を集約し、流通コストをかけて成長する大規模農業への道より、長年の政策によって追い詰められ、苦しめられる小規模農業が持続可能になるための経済的支援、人的支援が求められていると思います。そしておそらく、無農薬栽培など有機農法や自然農法は、生産者のすぐそばにいる子どもたちの顔が見える小規模農業によってしか広がっていかないのだと思います。
 種子を公的に守ってきた種子法の廃止や、自家採種を制限する種苗法の改定は、遠い昔は「みんなのもの」であっただろう種子をかぎりなく私有物にする道なのでしょう。少し大げさに言えば最初は土地の収奪から始まり、工業化によるイノベーションの道を時速300キロで走ってきた末に、最後のフロンティアとしてわたしたち人間の身体と心を対象にし、商品化する一方、環境ビジネスの対象として地球そのものをターゲットにしようとする市場経済的野望のひとつの現れなのだと思います。
 今わたしたちの手元にある種たちの中には、自生を繰り返してきた種も、また人間と自然が時には争いながらも共に育ててきた種も、何年、何十年、何百年、そしていくつもの世紀を渡り、人類誕生から始まる途方もなく長い時をくぐりぬけ、次の世代へと命と希望と切ない夢をつないできた先人たちの愛おしい記憶がいっぱい詰まっているのだと思います。

web拍手 by FC2

2021.07.16 Fri 画期的だった新人議員の活動報告会 難波希美子と能勢ルネッサンス

 7月13日、能勢町議会議員選挙に当選し、新人議員としてはじめての6月議会を経験した井上加奈子さん、難波希美子さんが合同報告会を開きました。
 難波さんは毎月発行する「なんばきみこ通信」で、井上さんはインスタグラムで議員活動や二人の目指すものを発信しています。
 報告会には20人を越える参加があり、現町会議員や前議員の方も参加してくださいました。初めの一時間はそれぞれの選挙活動と、議員になってからのこれまでの活動の報告がありました。そして、新人議員として初めての一般質問の中身と町行政の回答、やり取りが報告されました。
 井上さんは子育て世代が安心して利用できる公園の設置を訴えていますが、議員一人では何もできないことも事実で、何よりも一人でも多くの住民とともに公園設置に向けての課題を共有し、住民みんなにとってより良いまちづくりの施策の一つとして、公園設置を粘り強く町行政に訴えていくと話されました。6月議会では森田議員も防災公園の設置を提案されました。
 能勢町のように自然がいっぱいの地域では、「能勢町全体が公園」という考えにも一理あります。しかしながら、井上さんが訴える旧小学校区6か所にそれぞれの地域の子どもたちとお母さん方が安心して集まれる公園は、コミュニティの拠点として住民ひとりひとりの状況を日常で把握することにもなり、災害時にはその情報がいのちを守る助けとなります。わたしは議会を傍聴していて、森田議員の提案と井上さんの提案のすり合わせをすれば、公園の設置が実現する可能性もあるように思います。当面は、旧庁舎跡地の計画の中で防災の機能を持った公園設置が模索されることが期待されます。

 難波さんは2011年東日本大震災と東京電力福島第一原発事故をきっかけに政治に関心を持ち、原発問題を含めさまざまな住民運動を続ける人々と出会い、「おかしい!」を共有し、おかしい現実を変えていく活動をしてきました。
 22年前に能勢町に移住し、能勢の環境保全、自然保護の活動を続けてきて、議員活動もそのひとつと考えています。
 井上さんとも共有する実感として、「議会の常識は世の中の非常識」とつくづく感じたと言います。もっとも、確かに今までの議会の決まりごとも、長い間の工夫の結果できたものと思いますし、議会のすべての常識がおかしいとは言えないと思いますが、少なくとも新しく一員になった2人の率直な感想は、これから議会の在り方を変えていく大切な情報だと思います。
 難波さんの一般質問は、町長の今年度の施政方針に掲げる「食料生産や生物多様性の保全、自然エネルギーの利用など里山本来の資源が持続的に循環利用できる営みの確立」(広報のせ4月号)という高邁な施策と、「里山未来都市」の創生に向けた初年度にあたり、7つの基本プロジェクトのひとつである「能勢町高度産業化推進プロジェクト」は矛盾するのではないかと質問しました。
 このプロジェクトは農地の保全と農業の持続性を高めるために、農業企業の誘致を促進するとともに、新たな産業の誘致を支援することで、雇用の創出や地域経済の振興を目指すとされています。「とりわけ、非農業系企業の誘致については、新名神高速道路の開通により本町を取り巻く交通アクセスが向上する中で、産業立地の需要が高まっています。しかしながら、町域の1パーセントである市街化区域では、一定規模の産業用地を確保することは困難であり、このため周辺環境との町を図りつつ市街化区域に近接した幹線道路沿道の既存農地を産業用地に転換できるよう取り組みを進めたいと考えています。」(広報のせ4月号)とのことで、優良農地を事実上こわしてスプラウト工場を作る計画は、今も農地の所有者と交渉中ということです。
 難波さんが町議会議員選挙に出るきっかけになった計画で、難波さんもわたしたちも農地を工業用地にして企業誘致を図るのではなく、農林業従事者と新規就農者への支援と移住者への積極的な支援を強化することが、能勢の豊かな資源(コモンウェルス)を残すことになると考えています。
 町長は、「わたしは能勢町住民の豊かな未来をつくる使命と義務を持って、このプロジェクトをすすめている」と答えましたが、コロナによる日本経済の構造的変化が起きつつある今、経済成長の幻想にとらわれた企業誘致が能勢の豊かさを保証するとは私には思えません。
 また、難波さんは旧歌垣小学校を改修して新たな公共サービスの拠点施設として再編する事業について質問し、概算4億円が実際は8億円になったことについて、今後は概算予算を計画する時に想像力を持った予算組みを求めるとしました。
 そして、新庁舎の駐車場に設置された電気自動車用の急速充電器がペースメーカーなどを利用する心臓疾患のあるひとに電磁波の影響を強く受けることを知らせたところ、町は注意の案内板を四方につけましたが、後方にさえぎるものがなく、より危険であると警告しました。そもそも、その設置場所が「おもいやり駐車」スペースにあること自体、大変な問題と思います。

そのあと、参加者の方々からさまざま提案がありました。
1. 地域公共交通会議の審議会の委員になった方からは、独自の試算による自家用車などの経費をもとに、自助を共助で見直
   す交通システムを考えたい。
2. 能勢町は人口を増やしたいのか、そうでないのか。
3. 議員さんが身近な存在に思えた。
4. 傍聴に行きたくても夜や休日は議会がない。音声データは公開されるようになったが映像の記録を公開してほしい。
5. 人口が減っていく中で、東郷地区では若い子育て世代の人たちが移住している。
    わたしもそのひとりだが、とにかく住民がウェルカムで、住民が参加しやすい仕掛けや工夫があれば移住者が増える。
6. 空き家の固定資産税をうんと高くし、速やかに貸したりできるように行政がもっと積極的に仲介する。
7. 移住者を増やすために、最長一年をめどに町営住宅で移住体験できるようにする。
など、さまざまな提案やご自身に降りかかる問題などを語っていただきました。
 そして最後に、「みんなで議会の傍聴に行こう」と呼びかけ合い、無事に終わりました。

 今回の報告会は、2人の新人議員がいち早く報告会を開いたことそれ自体が画期的なことだとわたしは思います。わたしたちは難波さんに議会の報告会を毎回してほしいと願っていましたが、わたしたちが提案するより早く素早く行動し、井上さんと2人で報告会が開かれたことはとてもうれしいことです。
 議員の役割は町行政の施策をチェックしつつ、議会でどんどん提案し、町行政がその提案を実行するようにもっていくことですが、一方でその提案が住民の声をどれだけ反映しているかが議会内外で問われることでもあります。
 能勢町のすべての課題に精通し学習することはなかなか困難である以上、報告会や対話を通じて一人でも多くの住民の生の声を聞くことはとても大切なことだと思いますし、また合同の報告会でしたので井上さんと普段お話しする機会がないわたしも、井上さんのビジョンや思い、ミッションに触れることもできました。
 これからもこの集まりが続いてくれたらいいなと思いました。

web拍手 by FC2