FC2ブログ

ホーム > 日々是好日

2020.09.17 Thu 能勢の景観は先人たちが100年も200年も自然と向き合い、守り抜いてこられた宝物

nosenagatani.jpg

 40年以上も前になると思います。豊中市北部の少路地区にある自然の宝庫・羽鷹池が埋め立てられるという話があり、「羽鷹池を守る会」が結成され、わたしも参加させていただきました。その頃、よつば牛乳の会員だった私の妻が箕面にはじめてつくられた産直センターでアルバイトをしていた関係で、産直センターグループや能勢農場の人たちと親しくなり、グループの長老の一人だったSさんに誘われたのでした。
 会には豊中で書店をされていた野鳥の会のひとや粉石けんの運動を進めていたひとなど、自然保護に尽力されている地域のひとたち二十人ほどが集まりました。
 最初の集まりで、これまでの経緯の説明を聞きました。周辺ではすでに宅地開発が進み、マンションもたち始めていました。高度経済成長からバブルの時代で、豊中市に限らずどこの市町村で沼や池を埋め立て、公共施設の整備のための土地を確保していたようです。
 また、もう一つの切実な理由として、羽鷹池は農業用水地で周辺の田畑への水の供給の役割をになっていましたが、後継者不足と土地バブルで農家が農地を手放し、開発業者によるマンション建設など開発ラッシュのさ中でもありました。
 少路地区は豊中市の中でもまだ開発の手が入らず、農村時代の豊中の姿をそのまま残していました。わたしはその頃、少し離れた野畑小学校や野畑保育所、野畑図書館などの近所に住んでいて、たまたま羽鷹池周辺に行った時、まだ人間の手が入らず豊かな自然が残っていてびっくりしたことを思い出します。
 この運動は、豊中市の阪急電車の駅や北大阪急行の千里中央駅などでパネル展示をしたりチラシをまいたりする一方、何度も現地に行き、また豊中市との交渉をつづけました。
 そして、今まさに池に砂が入った瞬間に、埋め立ては中止となりました。
わたしはこの運動にかかわり、最初は羽鷹池の自然が残されることのみを願っていたのですが、周辺の農地が宅地開発された時点ですでに羽鷹池は自然の宝庫ではなくなってしまったことを知りました。そして、この池の自然を守ってきたのは他ならぬまわりの農家の人たちで、農業を営むことで少しだけ自然を壊し、反対に自然に脅かされながら共生してきた彼女彼らの何百年もの暮らしそのものだったのだと教えられました。農業の将来に希望を持てないまま後継者不足に悩む農家の人たちが土地を手放すことになってしまう苦渋の心情に思いをはせることもなく、自然を守ることが正義のように思ってしまっていたわたし自身を恥じました。
 もちろん、それはわたし自身の思慮のなさから来るものであって、長年自然環境を保護し守ることの難しさと向き合い、一生懸命活動されてきた人たちにとっては自明のことだったにちがいありません。
 ともあれこの運動がきっかけになり、豊中市行政と市民との協働で羽鷹池の自然を活用した環境保全型の公園として整備することになりました。池周辺には、既存の樹木を生かしつつ幅3mの散策路を設置し、ユーカリ材を使った木舗装のデッキや水辺が望める休憩場を整備するなど、池周辺をゆったりと散策できるようになっていて、自然に配慮した公園になっているようです。
 
 つい最近になって、日本の棚田百選に選ばれている長谷の棚田の下の「岐尼ん田」と呼ばれる水田に、面積5ヘクタールのスプラウト工場をつくる計画があることを知りました。スプラウトとは主に穀類、豆類、野菜の種子を人為的に発芽させた新芽で、発芽野菜または新芽野菜ともいいます。
 この水田地域は能勢でもっとも優良と言われる農地ですが、高齢化と後継者不足が深刻で、農作業を肩代わりする人材を確保することも困難な状況です。そこで、国の制度変更で農地を農地のままで工場をつくることができるようになったため、能勢町は国の地方創生推進交付金を活用した「能勢町高度産業化推進プロジェクト」を立ち上げ、この計画を進めています。
 水田をコンクリートでかためて工場をつくる計画を知った町民からの見直しの声が上がる中、農家の後継者不足を解消しかつ税収獲得をねらい、能勢町はこの計画を皮切りに農地を使った企業誘致を進めようとしています。
 わたしはこの計画を知り、40年前の豊中の羽鷹池のことを思い出したのでした。

 能勢を訪れた誰もが感動する豊かな自然は、先人たちが100年も200年も自然の脅威とたたかい、また自然に助けられながら田畑を耕すことで守り抜いてこられたおかげたと思います。
 しかしながら、高齢化や後継者不足で、個々の農家の努力だけでは農業がなりたたなくなった今、個々の農家の農地を含む能勢町の自然財産の保全を町行政と住民が協働して担わなければならないと思います。能勢町は国の地方創生推進交付金を活用する農地の転用による企業誘致を打ち出しましたが、コロナ禍のもとで企業活動の在り方が大きく変わり、今後企業誘致はますます困難になると思います。
 むしろどの企業もテレワークを進める方向にあり、それならば都会の職場に通勤するよりも自宅で仕事をして、豊かな自然環境で子育てをしたいと郊外への移住を考える現役世代が増えつつあります。能勢町は大阪市内から1時間という立地条件から今後、移住先として注目を浴びる可能性があります。また、能勢町の農家にとっても新規に農業をしたいという若者にとっても、週に何日かは企業活動、後の何日かは農業をすることが可能になります。現在でも、能勢には若い就農者が近隣の地域よりも多いと聞いています。
 企業誘致に力を入れるよりも移住と定住を支援し、後継者不足に苦しむ農家の田畑を就農を希望する若者に肩代わりするための支援と、農産物の販路の拡大への支援策が求められるのではないでしょうか。
 地域の問題と向き合い、解決していく担い手を能勢の若い人たちにゆだね、町行政はそれを全面的にバックアップする施策の方は時間がかかり、また町の経済効果もすぐには表れないかもしれませんが、企業誘致よりも「顔の見える改革」として、これからの日本社会の地域創生のひとつの道筋になるのではないかと思うのです。
 農業を営むひともそうでないひとも能勢町行政も、能勢の農地を守るために共に汗をかき、能勢の未来づくりに参加、投資する仕組みをつくりだしたいものです。

「心の四季」より「4.山が」「5.愛そして風」「6.雪の日に」「7.真昼の星」
豊中混声合唱団第53回定期演奏会 2013年7月6日 ザ・シンフォニーホール


web拍手 by FC2

2019.04.30 Tue ちがう扉から集まって来れる場所「せーのっ!」で開いた居酒屋「三日坊主」

seno1.jpg

 リサイクルとフリースペース「せーのっ!」では、27日、28日、29日の3日間、居酒屋「三日坊主」を開きました。歩いて来れるごく近所に声かけのチラシをまき、後は口コミで知らせただけで、お客さんが来てくれるものやらわからないまま開店しましたが、3日間で60人を超えるお客さんが来てくださいました。
 2階もふくめて何とかテーブルを用意し、また以前箕面で居酒屋をしていた経験があるものの、にわか仕立てで段取りが悪く、お客さんに来てくれた人が急遽手伝ってくれて、やっと料理が出るありさまでした。
 お店を開いてから約6か月、月に一度の飲み屋をしてほしいとか、一週間に一度でいいから食べ物屋をしたらどうかとか、お客さんのアドバイスをいただく中で、やっと実現した三日坊主の飲み屋さんでした。
 歩くのもよちよちなのに懲りないしづ子さんを見かねた人生の達人3人に叱られ、指導を受けながらの怒涛の3日間ですが、日ごろ話したことがないひと同士で話に花が咲き、なかなかいい感じで終わりました。
 地域の自治会に入っていない人たちもふくめて、地域に住む人びとがちがう扉から集まってこれる場所として、うまく機能していけるきっかけになれたらと思います。
 もともとアウトローのわたしたちが地域に密着した活動をするには、ややもすると地域の常識とぶつかることもあるのですが、反対にわたしたちと同じようなアウトローが集まりやすい空気感が利点となることもあるのでしょう。
 また飲み屋さんながら、夕食を食べに来てくれた小さなお子さん連れの家族にも喜ばれました。フリースペースで開かれている絵画教室や英会話教室のメンバーがこぞって来てくれたのも、とてもうれしいことでした。
  「これからも月に一度開いてほしい」と熱いラブコールを受けながら、懲りない、ひたすら懲りないしづ子さんは、飲み屋だけでは酒が飲めないひとや子どもたちは参加しにくいので、これとは別に「一日子ども食堂」を開こうと企んでいます。
 わたしはただただその後ろを歩いていくだけですが、わたしもしづ子さんも箕面で20年やって来た活動のおさらいというか復習というか、就活のひとつなのだろうと思います。
senochirasi.jpg




web拍手 by FC2

2018.11.01 Thu 委託リサイクルとフリースペースのお店「せ~のっ!」を開店しました。

senochirasi.jpg
 お知らせです。
 昨日10月31日、自宅のすぐそばの民家で、リサイクルとフリースペースのお店「せ~のっ!」を開店しました。
妻の母親が亡くなって約7か月がすぎ、「母がわたしの人生の残り10年を残してくれた」と、大衆食堂やリサイクルショップ、飲み屋さんなど、いくつかのお店の店づくりと運営を担ってきた妻がその経験を活かし、終の棲家になるだろう能勢の地で開いたささやかなお店です。
 能勢に来て早7年が過ぎ、能勢の素晴らしい里山はわたしたちのワンダーランドですが、農業の後継者不足と高齢化、新しい産業が育たず雇用の場がなく、若いひとが町を離れ、人口減がすすむという、全国のどこにでもある構造的な課題をひとりの住民としてどう解決していけばいいのか、ほんとうのところはわからないでいます。
 少し前までは観光を育て、街の魅力をあげ、お金を能勢に落としてもらうとか、雇用の場をつくり出すために企業を誘致するとか、農業の担い手になる若いひとを迎え入れるための農業施策とか、さまざまな試みに希望を持ったり参加しようと考えたり、その方向にはいかない方がいいのではと斜めに見たりしていました。
 結局のところ、そんなにまちづくりや経営に疎いわたしには今のところわからないとしか言いようがありません。
それでも、7年の間に知り合ったひとたちがまっすぐに未来をみつめ、一生懸命その未来に向かって進んでいる姿に勇気をもらったのもまたほんとうのことでした。
 能勢で生まれ能勢で育ち、時には過酷な自然と向き合いながら、能勢を守り生きてきた人たちからは軽薄な新住民でしかないでしょうが、わたしたちなりに地域で生きる道を探す旅の一歩として、地域のひとたちの「ちょっと一服する居場所・フリースペース」として、また「くるくる回して楽しく生きる 物も地球もたいせつに どこのお宅にも眠っている使わないものを預かって販売する委託リサイクルショップと手づくりの店」として、このお店を開きました。
 マルティン・ルターの残した名言、「たとえ明日世界が滅ぶとしても、私はリンゴの木を植えるだろう」を胸に、ほこりまみれの希望でいい、ひとからひとへとその手のぬくもりが積み重なるようなささやかな希望を分かち合える居場所になれたらと願っています。
 お店の内容はチラシをごらんください。場所がわかりづらいので、後日もう少し詳しいご案内をつくります。

seno1.jpg

seno2.jpg



web拍手 by FC2

2018.06.20 Wed 無事です。ありがとうございます。1995年1月17日、ブロック塀とおばあさんの死

oosakajisin.jpg
 6月18日の朝、ほんとうに大きな揺れでした。お気遣いくださった方には個別に報告させていただきましたが、わたしの住む能勢では思いのほか被害はなく、わたしたち夫婦も近隣に住む子供たちも無事でした。一安心しつつも、他の地域の被害に心が痛みます。また、余震が頻繁に起こり、不安な心持で過ごしています。
 妻の母親が亡くなってちょうど2か月になりました。最近、彼女をはじめとして身近な人が次々と亡くなり、いつのまにか自分の前に同時代を生きる人々が少なくなり、心を分かち合う友や先人がいなくなってしまった寂しさや孤独と、人間関係や仕事のわずらわしさから自由になったような不思議な感覚にとらわれます。
 それはほんとうの「老い」がいよいよ始まったことでもあり、生き急ぐことも死に急ぐこともできず、若い時には想像もできなかった「自由」を持て余すことでもあり、若い時に読んだサルトルの「人は自由の刑に処せられている」という言葉が心にしみる毎日です。

 わたしの年齢では阪神淡路大震災の体験が心にしみついていて、あの時以来、自分が大地にしっかりと根を下ろしている感覚がなく、浮遊している感覚に囚われたままなのですが、今回の地震はその感覚をあらためて鮮明に塗り重ねることになりました。
特に、高槻の小学校のプールのブロック塀が倒れて小学生の女の子が亡くなった痛ましいニュースを知り、阪神淡路大震災の時の記憶がよみがえりました。
 1995年1月17日の朝、激しい揺れの後の余震におびえながら、その頃住んでいた家が豊能障害者労働センターの事務所に近かったこともあり、当時は事務所で仮住まいをしていた脳性まひのKさんの様子を見に行きました。
 事務所の玄関を開けるとKさんは上り口のところで身を乗り出していました。その間にも頻繁に襲う余震でプレハブの事務所はガタガタ、バリバリとけたたましい音を出しながら小刻みに揺れ、そのたびにKさんとわたしは「アアッ、ヤアッ、オオッ」と意味の解らない叫び声を発しながら強く抱き合うのでした。
 しばらくして、朝ご飯を食べに行こうと外に出ると、隣の家のブロック塀が道の方に倒れていました。今回のニュースで見たのと同じで、崩れるのではなくそっくり倒れていて、ブロック塀がとてももろいものだと知りました。簡単につくれるものだからどこの家でも、 また今回のような学校のプールの目隠しのために多用されていますが、時には控え壁もなく、また鉄筋がとてもたよりなかったり、中には鉄筋を入れない違法な建築になってしまうのだと思います。
 倒れた塀のそばで、隣の家のおばあさんが立っていて、「こわかったね。大丈夫?」と、車いすに乗ったKさんに声をかけてくれました。わたしたちは「ありがとう」と言いながら道路に出て、朝ご飯を食べにいきました。
それから一週間後、そのおばあさんが亡くなりました。
 その年、豊能障害者労働センターは被災障害者の救援活動に明け暮れる毎日を過ごしましたが、その中にいたわたしは今でもそのおばあさんとの何気ない会話を忘れることができません。
 関連死もふくめて6434人の死者の中に、彼女の死はおそらく入っていないことでしょうし、関連死にさえ入らない彼女のたましいは、数えきれない多くのたましいとともに、生き残ったわたしたちの記憶の底に眠っているのだと思います。

web拍手 by FC2

2018.05.22 Tue ひとりひとり小さな力を足し算してつくりあげたお祭り。「ピースマーケット・のせ」

peacemarket2018.jpg

 5月20日、能勢町淨るりシアターで3回目となる「ピースマーケット・のせ」が開催されました。実行委員会のメンバー数人だけでは力量を越える催しですが、当日のボランティアスタッフの方々やこの催しへの熱いシンパシーをくださるステージの出演者、少し趣の違うフリーマーケットに出店してくださる方々、ステージの合間での短い時間を利用していただき、日常の活動や思いを語ってくださるみなさん、わたしたちの企画が実現できるように可能な限りのサポートをしてくださる淨瑠璃シアターのスタッフ、そしてなによりもわたしたちの願いをくみ取っていただき、この催しに参加してくださるみなさんによって実現できた、稀有の一日でした。
 お祭りにかぎらず、なにか集団で行動する場合、よくも悪くもリーダーが必要で、一つのコンセプトのもとで統一的に行われる場合が多いのですが、このお祭りは戦争体験者で95歳の清洲辰也さんの「戦争のない、平和な世界」を望む切実な願いからはじまり、ひとりひとり小さな力を足し算してつくりあげたお祭りです。
 それまで生きてきた人生も年齢もちがうひとりひとりがそれぞれの夢を持ち寄り、語り、時にはまとまり、時にはまとまらなくても自らの責任でやろうと思うことを実現できる、そんな体験をさせてもらえる催しです。
 今年は直前まで雨予報で、特に野外で食べ物を提供する出店者の場合、保健所や消防署の指導でホール内では出店が許可されないため、そのまま野外で出店していただくことになってしまいます。
 しかしながら、直前になって奇跡のように晴れの予報に変わり、実際、朝方は風が強かったものの雨上がりの五月晴れで、能勢の里山の新緑がひときわ輝き、お祭り日和の天候に恵まれました。
 このお祭りは大きくわけて野外と調理室を中止とする食べ物ブースと、心を込めた手作り雑貨やフェアトレード商品などのフリーマーケットブース、そして野外ステージとロビーステージでの音楽と舞踊、出店参加者によるアピールで成り立っていて、それらが同時並行で行っているため、特にロビーと野外ステージで聴きたい音楽が重なるケースもあり、それは仕方がないことでした。出演者の数を抑えようと計画するのですが、出演したいというグループが現れて、結局は今年も13グループが出演してくれました。
 少ない礼金で、しかも交通アクセスがよくないのに、遠くは京都からかけつけてくれた出演者も多く、申し訳ないきもちです。彼女彼たちの演奏や舞踊は、テレビには出ないひとたちですが、世の中の風潮を憂うひとたち、自分やまわりの人たちの切ない心情を歌う曲を自らつくり、歌うひとひとたちが集い、そんなに多いとは言えない来場者の心に届けとひたむきに歌う姿に胸を打たれます。
  わたしはあまり政治的な行動をとることに臆病な人間ですが、政治集会にとどまらず、こういうライブや路上ライブにまで国家が規制するようになるとすれば、それには断固たたかわなければと思います。
 戦前、政治的行動をしたわけではないシュールレアリストの滝口修三が国家を転覆する危険思想だという理由で投獄されたように、いつの時代も国家の想像力はわたしたちの想像力をはるかに超越して、現代においても憲法改正の国民投票の情報宣伝によって数多くのアーティストや歌手が色分けされたり、自分で自分を色分けしてしまう危険があります。
 自由であるために自由であることを表現し、自分の歌いたい歌を歌い、自分の聴きたい歌を聴く、グラスルーツな音楽の場をつくり広げることもまたもうひとつの政治活動であることを、ピースマーケットのステージは教えてくれるのでした。
 それは、買い物かごの中にも平和と自由があることをフリーマーケットという、心と物と夢が行きかう市場(いちば)が教えてくれることとつながっているとわたしは思うのです。
 お祭りの最後に、昨年は走り書くように清洲辰也さんが作詞し、加納ひろみさんが作曲し、豊能障害者労働センターの田岡ひろみさんが踊りの振り付けをした「ピースマーケット音頭」を、今年は長野たかしさんのベースとスカピンのギターリスト・大音智史さんがリードギターとコーラスで参加してくださり、踊ってくれる人々も昨年よりはるかに多く、何度も演奏し、踊ってくれて大変盛り上がりました。お願いするわたしが踊りはまったくダメなのと恥ずかしくて参加しなかったので申し訳なかったです。

 大ホールで上映された映画「ごはん」にも160人以上の人が来てくださり、全体としてもまずまずの賑わいで、ほんとうによかったと思います。
 また、能勢高校の生徒さんたちが映画を観たり、手伝いをしてくれたことや、出演者にこのお祭りに参加することになったきっかけや感想などをインタビューしてくれました。
 実はまだ、出演者たちが何を語ったのか知らないのですが、時代や世代を越えたつながりをねがうわたしたちにとって、どんなことが語られ、それを若い人たちがどう受け止め感じたのか、とても関心があります。
 運営費の問題でより厳しくなってきていることや、数人の実行委員のメンバーが増えないことなど、ほんとうに問題が山積みで、来年も開催できるかわからないのが正直なところですが、このお祭りが市井の人々によって開かれ市井の人々が参加できる稀有の祭りとして、能勢の地に定着できればと思います。

ピースマーケット音頭 2018

web拍手 by FC2