ホーム > 音楽 > 島津亜矢 > いよいよ明日から、島津亜矢の新歌舞伎座

2013.02.14 Thu いよいよ明日から、島津亜矢の新歌舞伎座

島津亜矢大阪新歌舞伎座公演

 いよいよ明日から、島津亜矢の新歌舞伎座での座長公演が始まります。
 昨年の5月、名古屋での初座長公演では今年大河ドラマで人気の新島八重を演じ、わたしたちファンだけではなくたくさんのお客さんが連日押し寄せました。
 彼女は初舞台らしい初々しさの中にも、演歌歌手の「手慰み」とは程遠い演技力と役者としてのたたずまいで、大いにわたしたちを感動させてくれました。
 わたしは座長公演の前には、名作歌謡劇場シリーズやセリフ入りの歌などのモノローグの演技力は芝居にとって両刃の刃で、共演者とのダイアローグによって非日常の物語を紡ぎ、ドラマツルギーの海へといざなう芝居(演劇)においてはかえって邪魔になるかも知れないと心配しました。けれども、だからこそ大衆芸能の旗手・島津亜矢はダイアローグという新しい表現を経験することで、大化けするにちがいないと思っていました。
 果たしてわたしの心配などものともせず、島津亜矢は見事に初舞台を演じきっただけではなく、その後の彼女の歌はそこはかとない色気を漂わせ、セリフ入りの歌の表現力は格段と豊かになりました。
 そして、すでに若いころに達していた歌を語るという領域をも一気に越えて、歌を歌うのでも語るのでもなく、空から山から海から森から大地から路地から鉄路から夜の帳から朝の風から、生まれたばかりの赤子を取り出すように、歌をいとおしく抱きあげるのです。優れた仏像彫師が石や原木を掘るのではなく、仏様を取り出すように…。
 
 あれからまだ1年もたたない今、ふたたび舞台に立つ島津亜矢の意気込みはそうとうなものであることでしょう。ましてや前回とはうって変わり、赤井英和との共演で坂田三吉の妻を演じるとは…。大阪新歌舞伎座での公演ということもあるのでしょうが、この公演を企画し、プロデュースした関係者の慧眼に敬意を表したいと思います。
 わたしは大阪に住んでいるのですが、赤井英和の人気は大阪では一段と高く、ドラマや芝居だけでなく、テレビやラジオのバラエティ番組などでも活躍しています。またボクサー上がりという変わった経歴ですが喜劇からシリアスなドラマまで、独特のキャラクターと演技力で幅広い役柄を演じ分けられる役者でもあります。
 この舞台は前回のような心配はまるでありません。べたべたの大阪弁も、なにしろ赤井英和が相手ですから彼女なりになんなくマスターしたことと思います。作・演出の池田政之はよく知らなかったのですが、わたしが楽しみに観ていたNHKの時代劇ドラマの「柳生十兵衛七番勝負」や、高島礼子と中村橋之助の共演で人気を博した「お宿かわせみ」の脚本家と聞き、ますます期待が膨らみます。島津亜矢がこの芝居でまたどんな進化を遂げるのか、そして反対に島津亜矢という未完の大器をこの演出家がどのように変えてくれるのか、興味は尽きません。
 そして、第二部の島津亜矢オンステージの構成・演出は宝塚歌劇のベテラン脚本・演出家の酒井澄夫で、芝居の脚本と演出にとどまらず、最近はショーの構成でも活躍されている方のようです。こちらのほうも新しい島津亜矢を発見できること間違いなしで、明日初日に行かれる方がうらやましいです。
 わたしは名古屋での最終公演の感動的な模様を聴きましたので、今回はそれを期待して最終日の3月4日のチケットを購入しています。それまでに一度見に行きたくてうずうずしているのですが、経済的なことと仕事の関係で地元にもかかわらず、別の日には行けそうもありません。その間はファンの方々の報告をたよりに、ひたすら3月4日を待ちたいと思います。

新歌舞伎座で初座長公演!島津亜矢特別公演
第一部
~阪田三吉の妻・小春の生涯~ 獅子(ライオン)の女房
池田政之=脚本・演出

【あらすじ】
いったんは嫁いだものの出戻ってきた小春に縁談の話が舞い込んだ。相手の草履職人・三吉は仕事もそっちのけで賭け将棋に夢中、35歳にもなって独り者だった。しかし小春は初めて会った三吉の眼に凡人にはない光を見た。「将棋きちがいと出戻り娘、おもしろいかもしれない」小春は三吉と夫婦になる決意をする。その後夫婦となった二人はなんとか暮らしはてはいるものの、三吉は相も変わらず将棋ばかりの日々。そんなある日、三吉が将棋で相手に敗れて帰ってきた。涙の三吉に小春はプロになれと言い放つ。「生活はわてが支えます。将棋一筋に生きとくなはれ。将棋界の獅子になるんだす。わても獅子の女房になります!」
共演: 赤井英和、おりも政夫、山田スミ子、宮内洋、奈良富士子 ほか

第二部
島津亜矢オンステージ 「玲瓏(れいろう)」
~いつまでも美しく光り輝いていたい~
酒井澄夫=構成・演出
帰らんちゃよか
海鳴りの詩
温故知新
感謝状~母へのメッセージ~
名作歌謡劇場 一本刀土俵入り
一本釣り 他

島津亜矢のブログから
お久しぶりですo(^▽^)oいま、大阪新歌舞伎座さんでの公演の、お稽古真っ只中(・_・;お芝居の台詞が毎日変わったり、増えたり^_^;たーいへん^_^;でも今回も周りの役者さんたちがとても暖かい方々ばかりで、支えて下さいます。 今回は前回の御園座さんでの、八重とは、ガラッと違うお芝居でまた楽しんでいただけると思いますo(^▽^)oもちろん!歌も!ぜひぜひお越し下さい(^_−)−☆心からお待ち致しております(^_−)−☆

島津亜矢・感謝状~母ヘのメッセージ~
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

name
comment
MORI : URL 新歌舞伎座

2013.02.14 Thu 22:18

tunehiko様、こんばんは。

明日、行ってまいります。
体調以外は何の心配もしておりませんが、芝居も歌も新しい亜矢姫を見せてもらえるものと楽しみにしております。
明日は、多くの亜矢友様が参集されると思いますので、レポートも盛りだくさんだと思います。
どうぞ楽しみにお待ちください。
そして、千秋楽には是非お会いしたいと思っております。

tunehiko : URL 行ってらっしゃい。

2013.02.15 Fri 00:00

MORI様
お世話になっています。
いいですね。どんな様子か、ぜひ教えてくださいね。
千秋楽を心待ちにしています。
わたしもできれば会えたらうれしいのですが、他の亜矢友の方々とお約束があるのではないですか?

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback