ホーム > 音楽 > 心に深く、大地に広く!歌は流れる・・・

2011.03.23 Wed 心に深く、大地に広く!歌は流れる・・・

 震災後、桑田佳祐の月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)にリクエストが殺到したり、アンパンマンの歌が被災地でよく聴かれたり、「上を向いてあるこう」がよく歌われたりしていると聞きます。
 ひとはパンのみで生きることもできるが、夢なくしては生きていけないと言われますが、歌もまた、わたしたちの悲しみをなぐさめてくれたり、勇気をくれたりするものであることは確かなことだと思います。
 今日紹介しています歌は、ゆめ風基金の10年の活動の区切りとして永六輔さん、谷川俊太郎さん、小室等さん他、多数のミュージシャンがレコーディングに参加してできた歌です。
 この歌ができた時は、阪神淡路大震災への思いにもう一度涙をながしたものでした。しかしながら今、この歌を聴くとこの大震災で被災されたすべてのひとに、そしてどんなに遠く離れていても被災地とつながるわたしたちに届く歌として、心に沁みます。どちらも、ゆめ風基金のホームページより聴くことができます。 

風と夢
作詞:永 六輔+谷川俊太郎/作曲:小室 等/編曲:川崎真弘

どこから吹いてくるのだろう
やさしい風 むごい風
どこへ吹いてゆくのだろう
風は怒り 風はほほえむ

傷ついた大地の上に
風が夢を運んでくる

夢に 風に 心よせて
また来る日のために
風に 夢に こころなごみ
また来る日のために
誰のこころに住むのだろう
楽しい夢 つらい夢
どんな未来見るのだろう
夢は実り 夢ははじける

よみがえる大地の上に
夢が風を巻き起こす

夢に 風に 心ひらき
また来る日のために
風に 夢に 心がけて
また来る日のために


 
伝えてください

作詞:永 六輔+谷川俊太郎/作曲:小室 等/編曲:川崎真弘


伝えてください
あの日のことを
語ってください
何が起きたかを

忘れられない 忘れない
あのときの涙
忘れられない 忘れない
あのときの笑顔

苦しみの昨日から
歓びの明日へと 祈ってください
あの日のことを
歌ってください
何が起きたかを

いつまでも いついつまでも
あの時の絆
いつまでも いついつまでも
あの時の力

こころからこころへと
ひとりからひとりへと

 

関連記事

web拍手 by FC2

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback