ホーム > 恋する経済 > 豊能障害者労働センター > 伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ

2012.02.03 Fri 伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ

 先日、豊能障害者労働センターの事務所に行きました。今年は豊能障害者労働センターの設立30周年の年で、昨年開かれた松井しのぶさんのカレンダー原画展にひきつづき、記念イベントを企画しています。
 その中でも大きなイベントとして、6月24日(日)に「伊奈かっぺい&伊藤君子ライブ」(トークとジャズ)を開催することになりました。
 地域でも7つのお店を運営し、事務所では春夏の通信販売商品の製作に追われ、5月26日(土)には全員参加の大バザーがある中でのイベントで、みんなで少しずつ時間をつくりだして準備をしているところです。
 伊奈かっぺいさんはあまり関西でのイベントはないようですが、とにかく面白いお話でお客さんの笑いが絶えず、笑い転げた後に、わたしたちが見過ごしたり忘れてしまいそうなもの、役に立たないと思ってしまうものが人生の宝物であることをそっと教えてくれる…、そんなかっぺいさんのお話は一度聴いたら癖になってしまいます。
 わたしの人生の師匠のような寺山修司も同じ青森県出身ですが、彼の有名な言葉に、「人生を語るのには、もう方言しか残っていない。」というのがありますが、「方言の詩人」といわれる伊奈かっぺいさんのお話はそれを体現しています。
 伊奈かっぺいさんは関西の人間にもわかるように共通語を青森訛りで話されるのですが、わたしたちは自然に津軽弁の美しさや東北の文化の豊かさを感じることができます。
 笑わせることが大好きな伊奈かっぺいさんのお話を、みなさんにもぜひ聴いていただきたいと思っています。
 伊藤君子さんは1982年、ジャズアルバム「バードランド(THE BIRDLAND)」でレコードデビュー。その後、ニューヨークのジャズクラブへの出演、日野皓正グループをはじめとする日本の本格派ジャズグループとの共演でジャズの実力を磨き、国内外で彼女の歌唱力は高く評価されています。
 1989年、日米同時発売されたアルバム「フォロー・ミー(FOLLOW ME)」は、米ラジオ&レコード誌のコンテンポラリー・ジャズ部門の16位にチャート・インするという日本人女性ヴォーカリストとして初の快挙を成し遂げました。
 ジャズ・ヴォーカリストとして確固たる存在となった伊藤君子は、以降、アルバム、コンサート、海外のジャズフェスティバル、テレビ・ラジオ番組、ライブハウスと、幅広い歌手活動を続けています。
 2000年にリリースされたニューヨークでのスタジオ・レコーディング・アルバム「KIMIKO」は、プロデューサーに小曽根真を迎え、ヴォーカリストとしての伊藤君子の魅力を存分に引き出したものとなりました。このアルバムは、2000年度スイングジャーナル誌ジャズディスク大賞日本ヴォーカル賞を受賞しました。
 伊藤君子さんは、香川県小豆島生まれ。4歳の時、ラジオから流れる美空ひばりの歌声に魅せられ、歌手を目指すようになったそうです。
 「伊藤君子さんに津軽弁でジャズを歌って欲しい!」という伊奈かっぺいさんのリクエストに、津軽弁の暖かさに惹かれていた彼女は喜んで応え、5曲の「津軽弁のスタンダードナンバー」が出来ました。この5曲に加え、伊奈かっぺいさんのオリジナル曲「別離(へばだば)」に伊藤君子さんも参加して計6曲を収録したCD[ JAZZ DA GA ? JAZZ DA JA ! ]はジャズのスタンダードが津軽弁の歌詞によって生まれ変わりました。
 リスナーへのサービスもあるのか、後半にオリジナルの英語の歌詞で歌われていて、それはとてもすてきな歌なのですが、何度も聴いているとオリジナルがじゃまになるぐらい、津軽弁の歌をずっと聴いていたくなります。香川県小豆島出身の彼女がこれほど津軽弁の美しさを表現できるのは、ジャズのルーツを訪ねると地域性の強い方言の英語へとたどりつくからなのでしょうか。
 お二人のトークとジャズを聴く絶好の機会です。6月24日の土曜日はとても楽しみな一日になることでしょう。みなさんのご来場を心よりお待ちしています。
伊奈かっぺい&伊藤君子ライブのブログ(豊能障害者労働センターイベントブログ)

2012年2月1日豊能障害者労働センター事務所
いつもの事務所風景ですが、この日は外に出ている人も多い様子でした。代表の小泉さんの黄髪がめだちます。

2012年の豊能障害者労働センターのテーマは
魂の響き それぞれの ここからがつながる
響き
字:小泉祥一

 今年4月、豊能障害者労働センターは、設立30周年を迎えます。昨年の東日本大震災以降、事業を通じ、自分たちのできる支援活動を探しながら、活動を続けてきました。月日が流れても、様々な問題は山積みし、冬の寒さが被災地での暮らしを一層厳しくしています。
 今、私たちにできることは何か、それぞれの場所で自分ができることを実行し、まわりとつながっていくこと。そのための発信をしていきたい、という思いをこめ、今年のテーマは「魂の響き、それぞれのここからがつながる」と決まりました。
                    (豊能障害者労働センター機関紙「積木」NO.230)
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback