ホーム > 音楽 > 島津亜矢 > 島津亜矢「SINGER」

2011.09.30 Fri 島津亜矢「SINGER」

島津亜矢「SINGER」

 アルバム「悠悠~阿久 悠さんに褒められたくて~」を少しお休みし、ここ最近は島津亜矢のカバーアルバム「SINGER」を聴いています。
 島津亜矢のファンの方はもとより、このアルバムでポップスを歌う島津亜矢の歌唱力に、多くの方がびっくりされると思います。わたしもその一人です。
 いつもリサイタルでポップスを歌うコーナーがあるのですが、この時の彼女の衣装を長年のファンの方のように素直に「かわいい」と言うことができず、少しはずかしくなるのですが、演歌歌手の手慰みとはかけはなれた歌唱力を披露してくれます。
 
 このアルバムは、「BS日本の歌」などで歌った歌をレコーディングしたものが多いと聞きますが、アルバムをじっくり聴くとDVDとはまたちがい、ひとつひとつの歌がまるでリボンをかけて届けられた大切な贈り物のように思えるのです。
 演歌を歌う時の、胸をしめつけられような切なさと、心がさらわれるような胸騒ぎに満たされる歌声、圧倒的な説得力で日常から果てしなく遠くへ連れて行ってくれる歌声とはまったくちがう声で、島津亜矢はポップスを歌ってしまうのです。
 その声はどこまでも透き通っていて、とびぬけた声量はけっして無理な声の出し方ではありません。オペラ歌手は大きな声量を持ちながら小さな声を正確に、遠くにまで聴こえる声を出せるといいます。大声を張り上げなくとも、よく通る声を出せるのは、ひとつの調和のとれたハーモニーで、彼らは声をのどだけではなくお腹や胸、鼻孔にも響かせることによってハーモニーをつくるのだそうです。その声を出すために、一日に何時間もボイストレーニングをするそうです。わたしは合唱をしませんが、息子が大学の合唱団に入っていた頃、よく家で何時間も練習をしていて、練習をくりかえすうちに声が体中に響いているように聴こえてくるのです。
 島津亜矢も、きっと他人知れず努力をされているのだと思うのですが、ポップスを歌う時はほんとうにナチュラルというか、ニュートラルな声で、演歌を歌う時とはちがって聴く者をその柔らかくしなやかな声で包んでくれます。その上にあの歌唱力をもってすれば、彼女がどんな歌でも完璧に歌ってしまうことがあたりまえなのだと納得します。
 しかしながら、前にも書きましたがこんなに歌いきってしまうと、たしかに演歌もすばらしいけれどポップスを歌う彼女も捨てがたい才能で、歌のつくり手やプロデューサーにとってはなやましいことでしょうね。
 
 カバー曲の場合、特に彼女の場合はよく「オリジナルよりもいい」と言われたりする一方で、美空ひばりやちあきなおみ、そして三波春夫などの名曲を歌うと「オリジナルの歌心がない」とか言われたりします。
 カバー曲の場合、よくも悪くもオリジナルとくらべられることはいたしかたないのでしょう。けれども、わたしは、このアルバムに収録された曲がそれぞれのオリジナル歌手からはなれ、島津亜矢を通してひとつひとつの歌の歌詞やメロディーがよくわかるようになりました。それは、彼女が透き通った声でナチュラルに歌っているからで、オリジナルの歌手のそれぞれの個性というか、特徴をはぎ取った後の素裸の歌がダイレクトに届くからです。
ホイットニー・ヒューストンの「I WILL ALWAYS LOVE YOU」、中島みゆきの「地上の星」、「紅灯の海」、そして唯一島津亜矢の曲「想いで遊び」、松山千春の「恋」、谷村新司の「昴~すばる~」、ミュージカル「ラ・マンチャの男」から「見果てぬ夢」、エルビス・プレスリーの「監獄ロック」、中森明菜の「飾りじゃないのよ涙は」、岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」、赤い鳥の「翼をください 」、坂本九の「上を向いて歩こう 」、秋川雅史の「千の風になって」、森山直太朗の「さくら(独唱)」、山口百恵の「秋桜」、喜納昌吉の「花~すべての人の心に花を~」。
 どの歌もすばらしいのですが、個人的には「紅灯の海」はオリジナルで聴いたことがなく、とてもいい歌ですね。島津亜矢は中島みゆきが好きで、そのぶん力が入りすぎる時があるように思うのですが、この歌はとてもよかったです。そして、驚いたのが「恋」で、島津亜矢が歌うと別れを決心した女性の微妙な心の揺れが伝わってきました。こんなふうに書いていくときりがないので、最後に島津亜矢自身の歌「想い出遊び」はとてもせつない女心を歌っていて大好きになりました。この贅沢なアルバムは、ファンならずともオススメです。

 世の中には巷にながれ、いつのまにかひとの記憶から消えて行った歌が無数にあります。夜空に散らばる星葛のように、それらの歌たちはまたいつかひとびとの手のひらで一瞬輝く時を待っているのかもしれません。そして島津亜矢はそんな歌たちを美しい声ですくい上げる女神なのかもしれません。ですから、このアルバムのような有名な曲ではなく、ほとんど顧みられなかった数々の歌を彼女の第二のオリジナル曲として、これからも歌っていってほしいと願わずにはいられません。
 と言いつつぼつぼつまた、わたしの心を「ここより他の場所」に連れて行ってくれる、島津亜矢の演歌を聴きたくなってきました。

島津亜矢「SINGER」はここから試聴できます。
関連記事

web拍手 by FC2

Comments

name
comment
如風 : URL 同じです

2011.10.01 Sat 22:47

tunehiko様へ

>>いつもリサイタルでポップスを歌うコーナーがあるのですが、この時の彼女の衣装を長年のファンの方のように素直に「かわいい」と言うことができず....

あはは....同じだ..とニヤッとしてしまいましたよ。ああいう衣装は何故か気恥ずかしくて..ふふふ。ポップス系の歌も好きですけどね(^^)

亜矢さんの声は演歌よりもポップスに向いていると思う...という意見をよく見かけます。亜矢姫の唄うポップスはワタシも好きで素晴らしいとも思うのですけれども、でも、でも、でも、ポップスの世界には才能のある歌手も多いし次々に若い才能も出てきますけど、一方で亜矢姫ほどに切々と心を揺さぶる演歌を唄える歌手はいないしこれからもなかなか出てこないだろうなあ....というのが今の気持ちですかねえ。
という訳で...やっぱり亜矢姫には演歌界を引っ張ってもらいたい(^^)

tunehiko : URL コメントありがとうございます。

2011.10.02 Sun 07:06

如風 様
コメントありがとうございます。如風様のブログ、いつも読ませてもらっています。わたしも、亜矢姫の演歌が大好きです。彼女のポップスは日本の日本ではポップス界の起爆剤になることはあるぐらい、すばらしけれど、世界に通じるのは反対に彼女の「演歌」の方だと思っています。そこは、わたしの横恋慕で演歌ファンにはもうしわけないのだけれど、アフリカを故郷にする黒人の音楽などにある魂が、島津亜矢の演歌にはあふれていると思います。島津亜矢本人が以前「私は演歌が好きで演歌をずっと歌っていくけれど、演歌の世界はせまい」というようなことを新聞で言っていたとおもうのですが、わたしも演歌は好きですが、「演歌界」はもひとつ好きになれません。
だから、村上春樹が日本の文学界には理解されないまま、ノーベル賞を取るかもしれないほど世界で愛されているように、島津亜矢もどこかで、たとえばアジアなどでブレイクする可能性を持っていると信じています。
どちらにしても、わたしはこの歳にして、よく島津亜矢の歌に「間に合った」幸運をかみしめています。

『なつめ』 : URL

Edit  2013.03.08 Fri 16:08

こんにちは、はじめまして!
普段は違う音楽が中心で演歌は聞かなくて、ほとんど知りませんが、
島津さんの演歌を聴いて、彼女の演歌なら聴きたいと思いました。
島津さんの曲もまだそんなに多く聴いたことがありませんが、
ブログに書いたことをきっかけに島津さんがPOPS(広い意味での)を歌っていることを知り、「I will~」と「千の風になって」「飾りじゃ~」等数曲聴いてみたのでが、確かに上手いです、演歌歌手とは思えぬ綺麗さで歌ってるなーとは思うのですが、洋楽だと考えれば、上手いけど海外に結構いるレベルだろうし、邦楽でいえば、飾りじゃないのよは、中森さんの方が聴きたいと思うし、島津さんの声量がすごいのはわかるけど、声楽曲は声楽家さんには適わないと思う印象でした。
これだけ上手く歌えれば充分上手いのですが、「演歌」で発揮される島津さんの魅力には及ばないかなと思います。
きっと島津さんなら、どのジャンルでも本格的にそのジャンルに絞ってやっていけば、一流になれる器量があるとは思いますが、
やっぱり演歌を歌って欲しいですね。
島津さんは演歌でこそ、「ソウル」を存分に発揮する方だと思います!
島津さんは他の曲もお上手ですが、そういうので、
「世界に通用する日本の歌姫!」とかいう風には
世界で知られたくないと思います。
「日本が誇る演歌歌手!」という風に演歌でもってこそ、
世界で認められてほしいですね。
私も島津さんの演歌ならば、世界に認められる可能性があると信じてます♪

いきなり長文(乱文)失礼しました!

tunehiko : URL なつめ様、コメントありがとうございます。

2013.03.08 Fri 20:30

そうですね。わたしも同じです。
しかしながら、やっぱり演歌を歌ってほしいとか、いやポップスも捨てがたいとか、そんな話題で盛り上がるのは島津亜矢さんだからと思います。わたしは今の「演歌」という枠に島津亜矢さんを押し込めるのではなく、島津亜矢さんによって新しい「演歌」が切り開かれると思っています。その時、島津亜矢さんの演歌は世界のブルースやジャズシーンに打って出れる日本のソウルミュージックになっていると確信しています。

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback