ホーム > 2014年09月

2014.09.30 Tue 島津亜矢「BS日本のうた」

 9月28日放送の「BS日本のうた」に島津亜矢が出演し、「俺の出番はきっと来る」と「函館山から」を熱唱しました。収録日は9月11日で、8月28日の「歌謡コンサート」につづく夏休み明けの活動の始まりのひとつでした。
 「歌謡コンサート」の記事でも書きましたが、この時期の島津亜矢は座長公演の緊張から解放され、リラックスした表情で、しかもその歌唱力は毎年一段ギアが入る感じでとても刺激的です。今回もまた何時にもまして表情がゆるやかで、夏までの疲れを感じさせない生き生きとした姿で、しかもとてもゆったりとしていて自信に満ちたステージでした。
 「俺の出番はきっと来る」という歌は不明にもまったく知りませんでした。ネットで調べてみると1983年の米倉ますみの歌で、島津亜矢は1989年のアルバムでカバーしていました。1989年と言えばデビューして3年でまだ10代の時で、ずばぬけた歌唱力で大人たちを驚かせた伝説の時代でした。
 しかしながら、正直なところ演歌がとくに好きではなかったわたしには、この時期に収録されている「袴をはいた渡り鳥」や「出世坂」など星野哲郎の作詞にはさすがと思いつつ、素直に心を震わせることはできませんでした。
今回はじめて聴いた「俺の出番はきっと来る」も、どちらかといえばわたしの苦手な歌のひとつですが、それでもなお、この歌を歌う島津亜矢の歌唱には心がぐらっとしてしまいました。最初のつかみの一節で、わたしだけではなく多くの人が彼女の歌に引き込まれたことでしょう。
 1989年のアルバムに収録されている貴重な音源が紹介されていて、それと聴き比べると天才といっていい恵まれた声量と歌唱力をすでに10代で獲得していた島津亜矢が、それから四半世紀という長い年月、いかに努力を積み重ねてきたのか、その歌の足跡がくっきりと見えるようです。天才はそれだけでは何事もなしえず、努力こそが天才を真に生かし、天賦の才を一本の矢の先にできることを証明しているようです。
 伸びきった高音だけではなく、柔らかくコントロールされた高音を何種類か使い分け、ぞくっとする低音を獲得し、歌を時間と空間の色鮮やかな芸能にまで高め、さらに同じ時代を生きるひとびとの心をつなぐ通底器として、孤独な心、愛を求める心、歌を必要とする心を優しく受け止めてくれるまでに、彼女の歌は進化し続けてきたのでした。

 「函館山から」…。この歌もまた島津亜矢によって新しい息吹を注入され、歌い込むほど新しくよみがえる名曲です。わたしはアルバム「BS日本のうたⅦ」に収録されているこの歌がその時点で完成し、歌の誕生の地にたどり着いたと思っていましたが、それは間違いでした。今回の歌唱はさらに表現豊かになっていて、この歌の登場人物の、歌でしか表現できないかも知れない身の丈をこえる心のざわめきと切なさが、テレビ画面を通しても生々しく伝わってくるのでした。
 これも以前の記事に書きましたが、わたしはこの歌を聴くと不器用な生き方しかできなかったわたしの「青い時」を思い出します。若いということでは決して許されない数々のまちがい、ひとを傷つけ、ひとに傷つけられ、三上寛の歌のように「手を組む前に裏切りおぼえ」、社会を批判しながら実は社会から限りなく逃げつづけ、他人を非難しながら他人に依存し、暗い部屋で膝をかかえながらうずくまっていたあの時、それでも数少ない友がわたしをささえてくれました。
荒波が押し寄せる青春の海岸線を時速200キロで走ることを夢みていたあの頃、若さはまた残酷にもわたしの心にいくつもの悔恨を残して遠い沖へと去って行きました。
 砂浜に残された青春のかけらは、全部をつなぎ合わせてもすでに「いとおしいひと」への思い出にすらなりませんでした。大人になるということは、とりかえしのつかない青春のかけらを拾いながら、自分の道を自分で生きる決意をすることなのだと知りました。
 わたしはこの歌の男よりは、きっとしあわせなのだと思います。今でも決して器用な生き方はできていませんが、そして大きなことを成し遂げることも、お金持ちにもならず、これからの人生を少ない年金でくらしていけるのかとても不安ですが、それでも「自分が信じる道」を歩み、その歩みの中で少しは解りあい、認め合う何人かの友を得ることができたのですから…。
 美空ひばりの芸能生活40周年記念曲である「函館山から」は小椋佳の作詞作曲による1986年の作品です。わたしはもちろん美空ひばりが歌うこの歌はすばらしいと思うのですが、島津亜矢が歌うとこの歌は男女の切々たる邂逅と悔恨から、すぐあとに訪れた昭和の終わり、さらには20世紀の世紀末をむかえ、猛スピードで日本と世界の景色をなぎ倒し、再構築し、無数のいのちが傷つきたおれた時代の「青い時」への挽歌のようにも思えてくるのです。

 この日、島津亜矢が歌った2曲にそんな思いを抱きながら、わたしはもうひとつの感慨とある確信を持ちました。もうひとつの感慨とは彼女の進化が今回、また次の段階に突入したのではないかということでした。わたしは「SINGER2」というアルバムを聴いた時、そのすばらしさがうれしいと思う以上に、ある意味ショックを受けました。それは前からだれもが感じていたことですが、演歌歌手が歌うポップスとは言えない歌への踏込に、島津亜矢の底知れない才能と想像できない努力を今まで以上に見せつけられたからでした。それは竹中労がプロデュースされたと聞く美空ひばりのジャズの名盤に匹敵するものであると思います。
 ジャンルを越えたすべての歌が先入観なく彼女の純白の心にしみわたり、そこから新しくよみがえる様子は、まるで歌の不死鳥のようです。そのギアがひとつもふたつも入った新しい進化の成果を、島津亜矢は今また演歌に注入しようとしているのではないでしょうか。それは以前に予感していたものの、「島津演歌」という新しい領域にあると、強く確信します。  今回の放送は、島津亜矢の「演歌元年」への静かなスタートを暗示しているように思います。

島津亜矢「函館山から」
LUXMANさんの作品です。まだ若い島津亜矢が完璧に歌っています。ただ、それ以上のものを今の島津亜矢は歌にしていると思います。

過去の記事 島津亜矢の「函館山から」・「BS日本のうた7」その1 2012.12.31 Mon

島津亜矢「俺の出番はきっと来る」1989年

島津亜矢「俺の出番はきっと来る」2014年
今回の放送の映像がアップされています。今の間にぜひきいてください。
web拍手 by FC2
関連記事