ホーム > 日々是好日

2017.01.02 Mon 今年もよろしくお願いします。2017年の年賀状です。

心よ、心 ここから
いちばん遠いところ
心よ、心 世界で
いちばん小さなわたしの森
心よ、心、 世界で
いちばん小さなわたしの海
心よ、心 たとえば
あなたと手をつなぐこと
心よ、心 たとえば
あなたに手紙を書くこと

今年もよろしくお願いします。

2017年賀

web拍手 by FC2

2016.12.03 Sat 能勢ダイオキシン問題報告会

nosedaiokisin.jpg

 3月30日、能勢町行政がダイオキシン問題についての調査報告会を開きました。
 報告会に提出された資料には、特に今年の1月末に大牟田での処理を断念してから2月16日に神戸市の業者がコンクリート固化し、23日に埋め立てるまでの一か月間に組合が情報を隠し説明責任を果たさないまま、性急で稚拙で乱暴な手法で物事を終わらせようとしたプロセスが克明に記載されており、遅ればせながら丁寧な調査をされたことがわかりました。
 資料の全容は「能勢町 学校統廃合を考える」に掲載されていますのでご覧ください。

 1997年6月、能勢町と豊能町2町によって設立された豊能郡環境施設組合が運営する豊能郡美化センターから国内最悪となる高濃度のダイオキシン類を排出しました。さらに測定日にダイオキシン濃度を減らす偽装工作をしていることが明らかになり、大きな社会問題になりました。この問題を受けて全国の小規模焼却炉が数多く廃止され、清掃工場の広域化が進むきっかけとなりました。一方能勢町では農作物の風評被害が発生し、美化センター内の汚染物質と周囲の汚染土壌の処理が問題となりました。
 1999年6月には汚染された焼却炉の解体が開始され、施設内と周辺の汚染物は施設内に4659本ドラム缶に収納され保管されました。その後施設内での処理は進みましたが、最終的に未処理の198本について豊能郡環境施設組合と能勢町豊能町両町の重要懸案でありながら20年近い年月をかけても処理できませんでした。
 昨年の4月30日、処理技術として鴻池組のジオスチーム法を採用することを決定し、豊能町内の処理予定地の住民説明会を6月13日に開催し、7月7日に豊能郡環境施設組合議会臨時議会において処理費用約6億4000万円を補正予算として上程しました。しかしながら地元住民との完全合意がなされていない状態で議会は延会となり、予算執行は保留になりました。ちなみにこの時点では処理費の8割は国の交付金で賄え、残りの2割を施設組合、つまり豊能町と能勢町で決められた配分で負担することになっていたそうです。

 さてここからが今回の一連の問題のはじまりなんですが、豊能町の前町長が任期期間中にこの問題を解決すると公約していたこともあったのでしょうか、地元住民との折り合いがつかないことなどから、豊能郡環境施設組合は8月5日に地元処理の予算を撤回し、町外で処理するため、大牟田市の三池精練と処理契約を結びました。ところが地元の反対とされていますが最終的に門前払いとなりました。その時に一部で業者からのアドバイスがあったとされますが特別一般廃棄物から産業廃棄物として神戸の業者と委託契約を結び、コンクリート固化処理をし、神戸市の最終処分場に埋め立てられました。
 そもそも一般廃棄物は、排出した自治体で処理するのが原則で、他地域で処理する場合は当該の自治体への事前通知が必要です。しかし産業廃棄物は排出した自治体で処理しなくてもよく、事前通知も必要ないということです。
 神戸市が事前通知もなく一般廃棄物と産業廃棄物の混合物を無断で埋め立てたということで厳重抗議とともに撤去を求めたことで一連の問題が発覚したのでした。
 組合が一般廃棄物から産廃に変えたのはなぜか。組合側は「(廃棄物を精査したところ)産廃の方が多かったので全体として産廃とした」としましたが、廃棄物処理法を所管する環境省は「(通常)一般廃棄物が産廃に変わることは考えにくい」と指摘しています。
 このプロセスにおいて、廃棄物処分業の許可を持っていない仲介業者が9650万円の処理契約を結び、そのうち9000万円を受け取っていたことや、その業者のあっせんでコンクリート固化処理をした中間処理業者には249万円しか支払われておらず、その見積書も偽造されていたことがわかっています。
 能勢、豊能両町にはダイオキシン類対策費として昨年12月、国から特別交付税約9000万円が拠出されていますが、総務省は交付税が適正に使われたかを精査する方針を示しています。
 また、神戸市からの撤去と仮置き場への運搬などの費用が4500万円にもなり住民による住民監査請求がなされましたが、却下されています。

 新町長のもとでコンクリート固化ではなく燃焼や溶融による、より無害化した最終処理を約束している能勢町の誠実で真摯な姿勢が表明された、とてもよい報告会でした。 
 以前、このブログで新町長が選挙の直前にダイオキシン問題を取り上げたことや、また旧来の区の機能をより強化する行政手法への疑問を書きましたが、少なくともダイオキシンの問題では、国や府や組合がコンクリート固化ですでに無害化がなされているという主張を退け、昨年の7月7日に組合が6億4000万円を予算化した「完全無害化」を成し遂げ、長年の懸案だったこの問題に決着をつける強い意志があるからこそ、今回の丁寧な報告会になったのだと思います。
 報告後の質問では、9650万円の不可解な出費に対する疑問と怒りが噴出した一方で、今後どうするのかについて質問や提案がされました。
 国がすでに今回の処理費用について9000万円を拠出したことと、それが適正であったのかを精査するとしていること、大阪府も安全であるとしている中で、風評被害もふくめて住民の不安を一掃し、溶融や燃焼による「完全無害化」を進めることを国や府が理解してくれるのか、その費用に対する特別交付税が担保されるのか、もしされない場合単費でも実行するのか、6億以上の費用をかけてつくるなら、その施設を他の自治体に利用してもらいお金を回収したらどうか、いや現在能勢町、豊能町、川西市、猪名川町の4自治体でつくっている国崎クリーンセンターで処理してもらうように要請をすればどうかなど、今考えられるいくつかの方策が提起されました。どれ一つをとっても実現が難しそうで、具体的な方策は示されませんでした。というより能勢町がどこまで主体的に提案し、実行できるのかがよくわからないことが問題なのだと思いました。
 今回の丁寧かつ真摯な報告においても、現在は2町のダイオキシン汚染物の処理のためだけの特殊な自治体である豊能郡環境施設組合の意思決定が誰によっていつなされたのかがまったくわからず、一連のいきさつをその時々に知っている行政職員もほとんどいない感じでしたし、能勢町と豊能町の議員から派遣される組合議会すら知らなかったり、もしかすると副管理者の能勢町長ですら今回出された一連のプロセスをすべて知っていたのか疑わしい印象を持ちました。
 今回の問題は組合と組合議会、組合と両町行政との関係がいびつで、まるで組合がブラックボックスで、事業の中身を吟味できないまま能勢町も豊能町も事業の費用負担のみが請求されるような印象なのです。組合の特殊性を鑑みても情報公開と説明責任を徹底してもらわなければ、住民がこの問題について考え、意思決定できないのではないでしょうか。
 少なくともそうしていればたった一ヶ月の間に組合事務局が両町民を無視して一般廃棄物を産業廃棄物にしてしまい、コンクリート固化して神戸市の埋め立て地に埋めてしまう乱暴なことはできないはずだったと思います。
 組合の構造的な問題がただされない限り、これからもまた町民だけでなく行政職員や議員もよくわからないまま組合の意志決定がなされ、今回のような問題がまた起こるのではないかと心配です。


web拍手 by FC2

2016.11.24 Thu 人生って、うれしいものですね。 おかあさんの90歳のお祝い

 tanjoubi3.jpg

 昨日は妻の母親の90歳の誕生日のお祝いをしました。妻の弟が来てくれたほか、わたしの子ども2人の家族も集まりました。
 息子はつい最近、尼崎から隣町の豊能町に引っ越してきました。
 息子の家族は本人と連れ合いと連れ合いのお母さんの3人家族で、息子の連れ合いが自宅で行政書士の仕事をすることと、お母さんが長年勤めている会社を来年春に退社することで、新しい生活を心機一転始めることもあって、引っ越すことにしたようです。それと、あまりはっきりとはいいませんが、年老いていくわたしたちのことを気遣い、近くに引っ越そうと思ってくれたようです。
 娘の方は今年自分の人生に重い選択をしましたが、あまり彼女の役にたたず、時々孫の世話というよりは、わたしのほうが孫に遊んでもらう形でしかできることがありません。もともと娘は高校を卒業した時からすべてを自分でしてしまう自立心の強い子どもなので、離れた場所から見守る以外になすすべはありません。
 妻の母親は住み慣れた緑地公園から5年前にわたしたち夫婦と共に能勢に引っ越してきて、本人は納得していないようですが、認知症もどんどん進み、身体の方も車いすを利用することが多くなり、どうしても介護力のある妻と一緒に移動するしかなく、気の毒なところもあり、申し訳ないと思っています。
 しかしながら、波乱万丈だった彼女の人生で、もっとも平穏な日々を送っていることには間違いなく、妻の健康管理も行き届いていて、健康に過ごせていて、それなりに幸せと思ってくれればいいのですが…。
 この日は「カラオケ」で盛り上がってもらおうと彼女の得意の歌を歌ってもらいました。いつものようにこの日もあまり元気がなかったのですが、歌が好きな彼女はマイクを持つと一生懸命歌ってくれました。これからは3人だけでも時々「カラオケ大会」をしようと思います。

tanjoubi2.jpg

tanjoubi1.jpg



web拍手 by FC2

2016.04.16 Sat 帰るべき故郷・「風まかせ人まかせ」

風まかせ人まかせ

 昨日、4月15日は箕面に住んでいた時からの友人とカレンダーのイラストでおなじみの松井しのぶさん、神戸の歌うたいの加納ひろみさんと、十三の松井寛子さんのお店「風まかせ人まかせ」に行きました。
わたしはその前に淡路の「絵本のあるハーブティルーム・オリーブガーデン」を訪ね、15年ぶりぐらいかでFさんに会いに行き、積る話をしていたら、「わたしも行くわ」ということで、総勢6人でおしかけたというわけです。
 思い出話から思い出したくなかった話、政治から熊本地震、シールズから映画、映画から身の上話まで、わたしだけでなく他人たち同士も久しぶりに会い、おいしい料理とお酒で楽しい時間を過ごしました。
 旧交を温めながら言いたいことを率直に話せるこの店はくせになりそうで、高橋優の「旅人」という歌のように、「いつか帰るべき故郷を 探し続ける旅人 君のこと今もこの町のどこかで待っている人がいる」お店そのものなのだと思いました。
 もちろん、この店が数多くの人たちの「帰るべき故郷」になっているのは松井寛子さんがいるからで、あらためてかんこちゃんが話し上手であるだけでなく、聴き上手なひとなのだと感心しました。
 近々、「風まかせ人まかせ」で、加納ひろみさんのライブがありそうで、今からとても楽しみです。

 夜遅くに家に帰りましたが熊本県では連続的にまた大きな地震がつづいています。お亡くなりになられた方々に、慎んでお悔み申し上げます。すでに余震ではなく連続的な地震でその範囲も広がり、阿蘇山の噴火まで起っています。
 いつもこれらのニュースの最後に「川内原発は安全、大丈夫」というシグナルが流れます。
 これだけの状況なら、原発の運転を止めるべきなのではないでしょうか。自然が「原発は安全ではない」という最後の警告をしているように、わたしには思えるのです。
web拍手 by FC2

2016.01.18 Mon 丹後半島・夕日が浦温泉に行ってきました。

丹後半島

 1月13日から14日にかけて、丹後半島から城崎温泉へ旅行に行きました。
 以前は妻の母親が車いすで行ける旅館を探し、わたしたちは車の運転ができないので電車とタクシーなどを利用し一緒に旅行に行ったのですが、そのうちに移動が難しくなり、それからは時々東京に住む妻の弟が車で連れて行ってくれたりもしましたが、いよいよそれも限界になってしまいました。
 去年からは母親に2泊3日のショートステイに行ってもらい、わたしたち夫婦で近場に一泊旅行に行くようになりました。昨年の1月は仕事で東京に行くついでに鎌倉に行き、夏には京都に「バルテュス展」の後一泊し、詩仙堂や南禅寺界隈をバスと歩きでずいぶんまわり、秋にはもっとも紅葉がきれいだった時に東福寺とその界隈を観て歩きました。
 今年は仕事をやめ、年金生活になったのでこれからは旅行も行けないところでしたが、妻の介護疲れもあり、リフレッシュするために旅行することにしました。

 お母さんのショートステイの事業所の車が迎えに来て出ていくのが10時過ぎで、比較的わたしの住む地域は西能勢の入り口でバスの本数が一番多い所なんですが、それでも1時間に1本程度なので、出発は11時過ぎのバスになります。
 バスで能勢電鉄山下駅へ、川西能勢口駅に着くと阪急電車に乗り換えて阪急宝塚駅へ、そしてJR宝塚駅から特急電車で、いざ丹後半島へと向かいました。
 最近の旅行では、旅程については妻が考え、わたしは旅館やホテルの予約と列車のチケットを購入する役目になっています。今回は丹後半島の夕日が浦温泉に泊まるということで、平日の場合の格安の料金で泊まれる旅館を予約しました。いつもは朝食なしのビジネスホテルに泊まることが多いのですが、久しぶりに和風旅館で朝食付きにしました。この時期は「カニカニカニ」づくしで、部屋で食べられることもあり、とても楽しみでした。
 夕日が浦温泉はその名の通り、広大な海に夕日が沈んでいく風景がとても美しいことで有名で、中居正広と松雪泰子が共演し、原田芳雄の存在感が光っていた2004年のテレビドラマ「砂の器」の感動的な夕陽の映像は夕日が浦海岸がロケ地となりました。そんなこともあってか、若いカップルにとても人気のあるスポットのようです。
 夕日を見る時刻に合わせて、午後3時に現地に着く予定でJR宝塚から城崎行特急に乗り、福知山から丹後半島行きの特急に乗り換えようとしました。
 すると、なんということでしょう。「京都丹後鉄道の一両の電車に乗り、沿線の風景を楽しみにしていたのに」と妻からブーイングの嵐です。その時はまだJRが京都丹後鉄道と相互乗り入れしていることを知らず、福知山駅に着く寸前まで口論になりました。一両電車でとぼとぼ行くと倍以上の時間がかかり、夕日が見れる時間には着けないので、わたしとしては「なんとご無体な」という心境でした。最初は小さな声でしたが、少しずつ声が大きくなり、またいつまでも終わらないので、通路をはさんだ横のシートのいい雰囲気の若いカップルに聞こえていないか気になりましたが、顔を寄せ合うように寝ていたのか、寝たふりをしていたのかはわかりませんでした。
 福知山駅に着くと、相互乗り入れをしていることがわかり、とりあえずは京丹後鉄道のレールを走ることがわかり、特急でスピードは速いものの沿線の情緒は楽しめると、やっと妻の機嫌もなおり、ほっとしました。
 夕日が浦木津温駅泉に着き、迎えに来てくれた車に乗り、予約した旅館に着きました。部屋数が10部屋ぐらいの小さな旅館でしたが、格安料金で案内された部屋は広く、とても快適でした。おかみさんがお茶を入れてくれたのですが、なんとこの日はわたしたちの他にお客さんはなしで、「貸切ですから、お風呂も何度でも自由に入ってください」とのこと。
 わたしたちだけのために全館設備を維持してくれることに心苦しくも、とてもとてもラッキーと喜んでしまいました。とくに温泉のお風呂が貸切なのがとても贅沢で、夕方と寝る前、朝早くと朝食後と、4回も入り、ややぬるめですがじわじわと温まる温泉を満喫しました。
 夕日が沈むのは4時50分ぐらいと聞きましたが、この日はあいにく天気がよくなくて夕日が見えませんでした。それでも日本海は波が荒く、押し寄せる何億粒の波の泡が押し寄せるこの海を見ているだけで、心が洗われました。そういえばこの間、高橋優のライブ会場だったワールド記念ホールに娘の夫に乗せてもらって行く途中に太平洋の静かな海を見ましたが、日本海の海はもうずいぶん見ていませんでした。
 久しぶりに浜辺を歩くと子どもたちやお母さんと若いころによく行った白浜の海岸や、親や親友など大切なひとたちとの別れなど、過ぎ去った長い時が白い波となって押し寄せてくるようで、少し切ない気持ちになりました。
 夕食も贅沢なカニの鍋で、この時はカニが大好きなおかあさんに申し訳ないと思いましたが、やはり目の前のごちそうでそんなことも忘れてしまいました。ごめんなさい。
 
 あくる日、窓のカーテンを開けると雪でした。今年は暖冬でこの地域でも雪がほとんど降らなかったようで、久しぶりの雪もそのうちに雨に変わりました。朝食も思いの他ごちそうで堪能しました。今回の旅館は貸切だったこともありますが、家族3人をふくむ4人でまかなっておられ、とても親切で居心地のよい旅館でした。もっとも、夏は海水浴であふれるようで、人手もたくさんいることでしょう。
 旅館からまた車で夕日が浦木津温泉駅に、そこから城崎温泉方面へ向かう路線は妻がもっとも喜ぶ単線の一両でした。城崎温泉の一つ手前の無人駅・玄武洞でおり、そこから3分程度ですがあらかじめ連絡しておいた渡し船に乗せてもらい、玄武洞に行きました。
 玄武洞は約160万年前の噴火によって噴出されたマグマが冷却し、その時に体積が小さくなることでできる割れ目(節理)が顕著で切り出しやすかったこともあり、これを人々が採掘し、その採掘跡が洞窟として残ったものです。あいにくの雨でしたが、玄武洞をはじめいくつかの洞窟はとても大きく、ここは目立たない観光スポットですが、わたしたちには楽しい場所でした。たったひとつ、ここの食堂で食べたそばは東京や信州よりも濃い出汁で、食堂は改善の余地があるのではないかと思いました。
 玄武洞から城崎温泉駅まで、また一両の電車に乗りました。城崎温泉界隈を歩き、せめて2つの外湯に入ろうと思っていたのですが、前日のひとり温泉を満喫したこともあり、城崎温泉駅のそばの外湯に入るとさすがに温泉疲れしてしまい、雨もやみそうもないので早々と帰ることにしました。午後3時ぐらいの特急に乗り、2時間半ほどで宝塚にかえって来ました。
 今回の旅では、ほんの一部でしたが丹後半島の魅力に触れました。丹後ジオラマと命名されるにふさわしく、京都丹後鉄道の小さな駅と数多くのトンネル、そしてそれぞれのトンネルを抜けた所に身を寄せ合うようにある小さな集落と田畑、それらを山々がつつむ風景はとても美しく、この地域が少なくともわたしたちの住む能勢もふくむ近畿の原風景で、歴史的にも地形的にも心のふるさとだと思いました。
 大正末期から昭和の初めにかけてほそぼそとレールが敷かれていった国有鉄道から経営が次々と変わり、現在の京都丹後鉄道となりましたが、運営状況は決して良くないのでしょうが、妻がこの路線に乗りたいと強く主張するに値する、とても愛おしい鉄道でした。
 京都府の北端の丹後半島の付け根まで走る一両の列車は、もしかすると日本人が置き忘れてきた厳しくも豊かなユートピアへの郷愁があふれていました。移動手段としての鉄道ではなく、かつてそうであったように鉄道が小さな町や村の暮しそのもののようでした。
 もっとも、丹後半島の魅力は鉄道とむすぶバスに乗り、半島を一周することだと知りましたが、冬場は走っておらず、春から夏に必ず半島めぐりをしたいと思いました。

丹後半島
丹後半島
丹後半島




web拍手 by FC2